アトピーから赤ちゃんを守るスキンケア方法

赤ちゃんの肌は柔らかくてモチモチしているというイメージがありますが、生んでみると意外にかさついたりしていることは多いです。大人より皮膚そのものが薄いですし、まだ体の機能が未熟ですから乾燥もしやすいのです。乾燥から起こるアトピーなどもありますし、スキンケアをしっかり行う事で守ってあげる事ができます。

まず大切な事は、妊娠中からお母さんが体調を整えていく事が大切です。腸内環境も整えておいて、善玉菌優位な状態にしておくことで生まれてくる赤ちゃんのためには良いのです。バランスよく食べて添加物や化学調味料なども避けて食事をするようにしましょう。赤ちゃんが生まれても母乳の事がありますので、食事にも気を使ってみて下さい。

スキンケアもしっかり保湿をしてあげる事が大切です。乳児用のクリームなどもありますので、無添加のものや肌に優しいものを選んで保湿を行って下さい。匂いはなるべく優しいものを選ぶ事です。それに今はたくさんのメーカーが販売しているので保湿剤もどれにしようか迷いますが、肌に合うものやそうでないものがありますので、最初は少量タイプのものを選んで使っていきましょう。

それでも肌のかさつきが収まらず、湿疹などもできてくるようであれば皮膚科に相談して治療を開始していく事が重要になります。そして毎日着ている衣服もしっかり洗ってよくすすぎましょう。洗剤や汚れが残っていると、頑張ってスキンケアをしていてもそれが影響してアトピーになることもあるのです。大きくなるにつれて状態も軽減されていきますが、赤ちゃんは自分ではきちんとスキンケアをしていくのは難しいです。季節でも肌状態は変わりますから、しっかり様子を見て必要なスキンケアを行ってあげましょう。

■赤ちゃんのスキンケアも大事ですが、母親のスキンケアも忘れずに
ほくろ除去の料金
肝斑の原因とは

■スキンケア薬品の通販サイトを調べる
あんしん通販薬局は詐欺サイト?

■肌に関する様々なトラブルに対して有効と言われている成分
トレチノイン